HOME>ホットトピックス>自分のライフスタイルにあわせて働くことができる

短期から最長3年まで働く期間が選べる

手

介護士への転職を考えているのなら、派遣として介護の仕事をする方法もあります。派遣の場合は契約期間をあらかじめ決めて働くことができるので、もしも職場が自分に合わないと思った時に、辞めやすいのがメリットです。短期間から契約できるので、自分の都合で仕事をする期間を決めることができます。同じ職場で働き続けたい場合は、派遣先との合意のもとで最長3年働くことができます。最長3年というのは労働者派遣法で決められていますが、無期雇用されている労働者や60歳以上の労働者は例外となります。

残業や夜勤なしで働きやすい

男女

派遣の介護士の場合、介護施設に雇用されるのではありません。雇用契約を結んだ派遣会社の社員として、介護施設などに派遣されて働くことになります。そのため勤務に関する条件は、介護施設などではなく派遣会社との雇用契約で決めます。したがって、残業なしで働くこともできますし、夜勤なしで日中だけのシフトで働くことも可能です。休日や勤務日数、勤務時間などを介護施設にあわせる必要はありませんので、自分のライフスタイルにあわせた働き方ができるため、介護の仕事に転職したい人にも働きやすい雇用形態と言えます。

広告募集中